2005年06月22日

ブレーキでお湯を沸かしてみる

88cea1c5.JPG難易度:★

これまで、燃費悪化の大きな要因である無駄なブレーキ操作を避けるための色々な方法を書いてきましたが、実際にブレーキ操作を行うにしても、今のクルマはブレーキペダルを軽く踏むだけでいとも簡単に止まってしまうため、どれだけのエネルギーが無駄になっているのか実感できない方も多いと思います。

そこで今回は、ブレーキを踏むことによって実際にどの位のエネルギーが無駄になるのか計算してみることとします。

まず、時速60km/hで自分に向かって走ってくるクルマを手で止める事を想像して下さい。 少なくとも私の場合には、止めるどころか向かってくるクルマに轢かれてお終いです。 ちなみにテリーマンは、子犬を助けるために走ってくる新幹線を素手で止めていましたが、あれはキン肉マンの世界の話なので、現実的には不可能だと思います。 クルマのブレーキは、実は走っているクルマを停止させるという大きな仕事を当たり前のようにやっているのです。

例えば、60km/hで走っているクルマ(総重量1,500kgと仮定)をブレーキで停止させる場合を考えてみましょう。 このクルマが走行中に持っている運動エネルギーは…

K=(1/2)mv**2 = 0.5×1500×(60000/3600)**2 = 208kJ となり単位をcalに換算すると…

208kJ×0.239 = 50kcal

となります。 つまり、60km/hのクルマをブレーキで停止させる場合、約50kcalのエネルギーを摩擦熱として捨てていることとなります。 この50kcalのエネルギーは一体どの位の大きさなのでしょうか? 1kcalは1Lの水の温度を1度上げるのに必要な熱量ですから、50kcalであれば単純計算で1Lの水の温度を50度上げる事ができます。

これって凄く大きなエネルギーだと思いませんか? 一度の停止操作でそれだけのエネルギーを無駄に捨てていることになるのです。

良く思うのですが、交通量の多い国道で前方の信号が赤となり、乗用車やバス・トラック等が一斉に停止した場合に失われるエネルギーは膨大なものです。 そのため、信号の制御方法によっては環境負荷を大きく左右することとなる訳です。

ランキングへのご支援を頂けると嬉しいです


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sleeping_sun/26040875
この記事へのトラックバック
アイルトンセナ レプリカヘルメット  アマルガム 1/1スケールフェラーリ F2004 レプリカステアリング 1/5 ferrari 2003 GA ノーズコーン/M.Schumacher 1/2モデルヘルメット M.シューマッハ('94) 1/2モデルヘルメット A.セナ('93) フェラーリ ホッケンハイム スト
厳選! F−1コレクターズアイテム特集【ネットカーディーラー】at 2005年06月25日 00:09
この記事へのコメント
風葉が公開生放送で川崎FMに出演しますっ!
Posted by buy tramadol at 2006年04月18日 08:08