2005年05月25日

5分の時間的余裕を!

005115fb.JPG急いだクルマの運転をしようとすると、無意識的に必要以上アクセルを踏んだり、車間距離が詰まって無駄なブレーキを踏む機会が多くなるので、必然的に燃費が低下します。

実際に運転を急いだところで、到着時刻にはあまり差が出ませんが、燃料消費量は確実に多くなります。

通勤等、決められた時間での運転を行う際には、5分程度の余裕を持って出発することで、平均速度を下げることができ、無駄なエネルギーロスを減らして燃費向上を図ることができるほか、心理的に余裕をもつことで、安全運転にもつながります。

是非、5分の余裕を持った運転を心がけてみて下さい。

人気blogランキング

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sleeping_sun/23119116