2005年07月05日

信号を味方にする! (その1)

c0a9fa41.jpg難易度:★★★  禁断度:★★

一般道を燃費良く走るには、信号の攻略がとても重要です。 よく、勢い良くスタートしては、信号に差し掛かる度に停止するクルマを見かけますが、信号の変わるタイミングを予測しながら走らないと、無駄な燃料消費が増えてしまい非経済的です。

←こちらの図を見てみ下さい。 これは、AのクルマとBのクルマの走行履歴を図にしたものですが、Bのクルマは急いで加速したにもかかわらず信号に捕まってしまい、ブレーキを踏む事によってエンジンで作った運動エネルギーを捨ててしまっています。 それどころか、ゆっくり加速したAのクルマに抜かれ、到着時間もAのクルマより遅くなってしまっています。

この例は、信号の変わるタイミングがAに有利になるように作った極端なものですが、このような事例は皆さんも少なからず経験があると思います。 片側2車線の道路で、ずっと前に抜いた速度の遅いクルマが何故か自分のすぐ後ろを走っていたり、あるいは頻繁に車線変更を繰り返して前に出ようとしているクルマにいつの間にか追いついてしまったりと、一般道をスムーズに走るためには、ただスピードを上げるだけでは逆効果になってしまうことが多いのです。

一般道をスムーズに燃費良く走るためには、周囲の交通状況と共に、信号の変わるタイミングを常に予測し、無駄なブレーキ操作を極力行わないように考えながら走る必要があります。

例えば、前方の信号は青ですが、歩行者用信号が点滅している場合、交差点までの距離・自車のスピード・前方のクルマの挙動等から、青信号のまま通過できるかどうか判断し、もしも数秒後に停止すると判断した場合には、瞬時にアクセルから足を離して減速します。 この停止/通過の判断を行う際には、交差点の大きさから、歩行者用信号の点滅回数や、歩行者用信号が赤になってから車道信号が黄色に変わるまでの時間を考慮することもポイントです。

燃費の観点からは、ブレーキを踏んで停止することは極力避けたいため、信号は可能な限り通過したいものですが、あくまで「黄色は止まれ」ですので、安全運転を心がけて下さい。 なお、後続車の追突の危険性等が考えられる場合には、黄色信号でもやむを得ず通過することができますが、その際には交差点の規模から黄色信号の点灯時間等を考慮し、最も安全な判断を行って下さい。

一般道を走る際には信号を味方にし、スムーズで燃費の良い走りを心がけましょう。

ランキングへのご支援を頂けると嬉しいです
  

Posted by sleeping_sun at 20:21Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月04日

信号を味方にする! (その2)

ee46b698.JPG難易度:★★★  禁断度:★★★

もし前方信号が赤の場合には、自車の速度を極力落とさずに、前方信号が青に変わったタイミングで信号を通過できると理想的です。 そのためには、歩行者用信号の点滅及び交差点の大きさ等から、前方の信号が青になる時間を予測し、そのタイミングに合わせて速度を調整します。 しかしこれは、使い方によっては「見切り発進」に近い禁断技ですので、実践される際には十分な安全マージンを持って行って下さい。 また交差点によっては、交差方向の信号が赤になった後に、右折信号が出るケースが多々ありますので、特に十分な注意が必要です。

また、いつも通勤等で通る道路であれば、道路特有の信号の変わるタイミングを把握できると理想的です。 何度も走るうちに、「この区間は、青信号になってこれくらいの速度で加速すれば次の信号に捕まらない」等のノウハウが蓄積されると、結果的に燃費に大きく影響を及ぼしてきます。

もし、信号を味方にした効果的な走り方のイメージが掴めない方は、一度、大型トラックの後について走ってみることをお勧めします。 大型トラックは減速することを極端に嫌うため、上手い運転手であれば、信号のタイミングを熟知した速度で通過していきますので、その走り方を参考にしてみて下さい。 ただし大型トラックは、赤信号になった交差点を平気で通過したり、極端な見切り発進をしたりするケースが多いので、後ろを走る際には、前方信号が確認できる位の十分な車間距離を保って走行するようにして下さい。

ランキングへのご支援を頂けると嬉しいです
  
Posted by sleeping_sun at 19:55Comments(1)TrackBack(0)